[Mixers 01] [Mixers 02] [mixers 03] [Mixers 04] [Turntables] [タンテ右翼TOP]

[CARTRIDGES]

SHURE M44G / SHURE M44-7

一度は生産中止になるもQ-BERTの強い要望で再生産が決定した正にスクラッチャー御用達の針。

カンチレバーが柔らかく、現在最も針飛びしにくい針。

現在のカタログでは44-7がスクラッチ向きとなっているが、これは好みの問題の模様。

44-7は44Gに比べて低音が強く出力が大きいのが特徴。

Q-BERT、D-STYLESは44-7の方を昔から愛用。

新品を使っているうちに針先がくたってきたら何かで引っ掛けて立ててやることで針飛びしにくくなる。

カンチレバーが動かされることによって柔らかくなるこの一連の工程が俗に言う針の慣らし。

なおエンドレスループ溝に乗せっぱなしにするという方法は慣らし効果が低いとの報告あり。


ORTOFON CONCORDE SCRATCH

MELO-DSWAMPが使用。

Concordeタイプは針先が見やすくレコードの狙った点にドロップしやすいのでルーティーン向き。


ORTOFON CONCORDE NIGHT CLUB S

音質が非常に優れている反面、レコードへのダメージはConcorde SCRATCHより大。

ちなみにNIGHT CLUB Sは円錐針でNIGHT CLUB Eは楕円針。


ORTOFON GT

ORTOFONがSHURE 44-7/44-Gの対抗馬として開発した針。

しかしテアーなど激しいスクラッチで針飛びすることから44-7/44-Gの対抗馬としては力不足の感が否めない。

Q-BERTが44ー7から乗り換えるという噂もあったがQは現在も44-7を使用中。

高音質を誇るORTOFON製だけあって、音質はPICKERING 150DJに近い。


STANON 500 AL II

STANTONで最も安い針。カンチレバーが硬いのでスクラッチャーには不向き。

ALLIESBullet Proof Space Travelersが(過去に)使用。


STANTON 520 SK

STANON 500 AL IIを改良して作られたCRAZEのシグネチャーモデル。

しかしCRAZE本人は現在別の針を使用中。

カンチレバーが硬いのでスクラッチャーには不向き。


STANTON 890 SA

現在CRAZEが520SKと比べて針飛びなし、音良し、レコードへのダメージなしとのたまって使用中。

が、カンチレバーが硬いのでスクラッチャーには不向き。


NUMARK CC-1

Scratch Pervertsのシグネチャーモデル。

2004年現在、NUMARKはパーバーツのスポンサーではなくなった様子。

カンチレバーは硬めなのでスクラッチャーには不向き。



[Mixers 01] [Mixers 02] [mixers 03] [Mixers 04] [Turntables] [タンテ右翼TOP]